キャッシュレス時代の大人のバッグ「DTB ディクショナリーショルダーバッグ」

お出かけの時の最低限の持ち物ってなんですか?

私の場合、小さい財布、スマホ、ハンカチ、バッテリー、最低限のコスメが入ったポーチ。こんなものかな。海外ならこれに+パスポート。

○○ペイでお買い物ができる時代、荷物ってどんどん小さくなるものです。

今回は台湾の鞄メーカー・Darker Than Blackの「ディクショナリーショルダーバッグ」を、実際に旅で使ってみました。

▼Darker Than Blackとは…

2017年に台北でスタートしたバッグブランド。デザイナーのユウ・シャンは長年、鞄メーカーでデザイナーとして働いてきました。ミニマルなデザインが日常生活に溶け込むこと、良質な革が使い手によっていい味を出していくこと。そんな楽しみをコンセプトとしたブランドです。

Darker Than Black「ディクショナリーショルダーバッグ」のスペック

こちらがそのディクショナリーショルダーバッグ。縦に持つと、辞書くらいの大きさで、このままバッグを開ければ、まさに辞書を開くような感覚。

裏にはブランドロゴが刻印されています。素材は100%イタリアンレザー。

固すぎず、柔らかすぎず、品質はとてもいいもの。洋服はプチプラでも、小物は高級感あるもので締める、そんな大人の女性にちょうどいい。

この素材なら、フォーマルなシーンでもOK。

[サイズ] 縦:15cm/横:22.5cm/幅:5.7cm/重さ:350g/ストラップの長さ:最長52cm

実際に持ち物を詰めてみよう

バッグの造りはとてもシンプル。ふた部分はマグネットで閉じるようになっています。ここに、先ほどの持ち物を入れていきましょう。

最後にお財布を入れるとちょっとパンパンかな。ジャケットを羽織るシーズンや、日本国内ではいいけど、海外だと怖いのでもう少し薄いお財布がオススメ。

ディクショナリーショルダーバッグはストラップの長さ調節も簡単。ハンドバッグとしても、ショルダーとしても、斜め掛けもOK。ちょっとしたことだけどこれ大事。

①ハンドバッグ

②肩掛け

③斜め掛け

旅先で使ってみた

早速、マレーシア旅で使ってみました。現地で使いたかったので、専用ポーチに入れてスーツケースに詰めます。

南国で黒の革バッグちょっとどうかな?と思ったけど、違和感ありませんでした。

プトラジャヤモスクにて

ジョホールバルのレストラン

こんなアジアンテイストな洋服にも合う!

南国ファッションでも、バッグで締めることで「きちんと感」が出るのが嬉しい。

使用する国にもよりますが、比較的治安のいいマレーシアでは、問題なく使えました。

こんなにマルチでシンプルなショルダーなら1つ持っていると「使える」のです。特に、大人の女性はこういうバッグが1つあるといいですね。


Dictionary Shoulder Bag – 本革のショルダーポーチ
イタリア原産の上質な牛革を100%使用した、レザーのショルダーポーチ。パーティーやフォーマルなシーンで重宝できそう。

商品の購入はこちら

この商品を購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です