ガンガン使い倒そう! 台湾生まれの再生紙を利用したランチバッグ&バインダー

最近、日本よりも海外の方が デザインのよいエコ製品が豊富で多い!!と感じます。 今回は、台湾からやって来た 再生紙を使ったランチバッグとバインダーをご紹介。

まず「エコ ランチバッグ(好樂袋)」。

コンパクトなパッケージに折りたたまれた状態で販売されているため、スマートな印象を受けプレゼントなどにも良い感じ。

そして、紙素材と聞いていましたが、思った以上に丈夫、特に手持ちの部分は、皮っぽいしっかりとした作りで安心して持つことができます。表面の素材感もクラフトの素朴さを残しつつも 安っぽく見えませんでした。

実際に使う時は、中からポコっと押し出すようにすれば一発で広がり 使えるようになります。

そして、この底の部分の作りが非常に使いやすい!! 底板を入れたように、固めで保持力があるため、お弁当箱やボトルがしっかり立ち、中で転がることがなく、かなりの安心感があるんです。

(以前ボトルが中で転がり、バッグの中をコーヒーまみれにした上に、iPhoneが水没した経験あり。泣)

紙製と聞いて気になる水濡れ問題については、 簡単に霧吹き実験してみました。少し濡らしたくらいでは、裏への浸透も型崩れもありません。ある程度 濡らしたまま放置しておくと、紙の表面が薄ら色が変わる程度には浸透するので”防水加工”がしてある訳ではないようでした。

(説明書には”洗濯機で洗っても大丈夫” と書いてはありましたが、それは? どうだろう??)。

そもそも、トート型で上がオープンなデザインなため、大雨の日に持つことはないでしょうし、普通に使用している分には何も心配はありません。布製と比べても”強い”と言えると思います。

ちょっと出かける時に持ちやすい手頃な大きさで、自転車の前かごにポンポン入れてお買い物へ行くのも良い。また、床置きしても自立する形状であり足下にも置けるため、オフィスの置きバッグとしてもお勧め出来ます。



HappyEarth Holiday bag – 耐水性のある合皮紙を使ったエコなランチバッグ
HappyEarth Holiday bagは、環境に優しい合皮紙1枚で作られたランチバッグ。水濡れにも強く丈夫な素材で出来ています。

商品の購入はこちら

次に「バインダー(回收紙筆記本)」。

ケース自体も再生紙ですが、リサイクルペーパー自体を挟み込んで、ノートにすることができるという、なかなか面白いアイディアが光るひと品。

使い方は、以下の通り!

  • STEP.1
    A5用紙を用意。(基本はA4裏紙使用、中表に折っておく)
     
  • STEP.2
    表紙に挟み込み、ダブルクリップで一気に止める。
  • STEP.3
    クリップ足の部分を押し込んで外す。

これだけのステップなので、かなり簡単に取り付けることができました。クリップ足を外し使うのは、見た目がスマートになってイイですね。

ただし、現在の日常生活において ”ノートに書く” シチュエーションが 私にはほぼないので、別の使い方として ”アルバム” にしてみました。SNSに流しっぱなしの写真をプリントアウトしてペタペタ貼ってみると、なんだかステキな一冊に♪ 旅の記録としてまとめるって大切なことかもしれません。

紙の手触りも良く、優しいアースカラーで数色展開。裏紙だけで無く、サイズの合うスケジュール帳レフィルなどを購入してきて、オリジナル手帳を作るのも楽しそうですし、お店のメニュー表など、時々中身を差し替える必要性がある物にも応用できると思います。


HappyEarth Notebook – オシャレでエコな「裏紙」ノートカバー
HappyEarth Notebookは、再生紙を利用した環境に優しいエコな「裏紙」ノートカバーです。

商品の購入はこちら

この商品を購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です